スポンサードリンク

Bianchi(ビアンキ)

世界最古のメーカー

Bianchiはイタリアの自転車メーカーで、1885年創業の歴史の深いメーカーです。
これは現存する中ではもっとも古いメーカーと言われています。
淡い青色の「チェレステカラー」が代名詞で、おしゃれなブランドのイメージが定着しています。
ワールドチームではロットNL・ユンボに機材提供しており、同チームはBianchiと同じく長い歴史を持つチームです。

過去には日本で訴訟沙汰も?

Bianchiは日本でもかなり有名なメーカーで、残念ながらそれはよいことばかりではありません。
自転車ユーザー以外にも名を知られることになったのは、2008年のサスペンション破断事故です。
非常に残念なことに、Bianchiブランドのクロスバイクに搭載されていたサスペンションフォークが劣化し走行中に破断。乗車していた男性が落車し重い後遺症を伴う怪我を負ったのです。
これは裁判になりニュースでも広く取り上げられ、Bianchiの親会社「ヨーロッパサイクルジャパン」に一億円以上の損害賠償を命じる判決が出た後、原告と和解することが決まります。

この事故はメーカー、ブランド、製造元、事故原因にいたるまで難解で、誤解を恐れずに言えばBianchi自体の責任は不明瞭で、更に言えば通販で取り扱われていたBianchiのサスペンション付きクロスバイクでの事故なので、ロードバイクの品質となるとまた別問題です。
Bianchiの肩を持つつもりはありませんが、魅力的な商品も多いのでこの件のみで敬遠してしまうのはすこしもったいない気がします。

ユーザーからの評判

なんといってもデザインのよさが評判です。
イメージカラーでもある「チェレステ」は、デザイナーがイタリアの空の色から決めているという逸話がもうおしゃれですよね。
本格的なBianchi乗りはウエアまで一貫してコーディネートするおしゃれな方が多いです。
外神田にあるビアンキショップはまるでバーのような内装になっていて、おしゃれを突き詰めています。
たいていBianchiのロードバイクを選ぶと「同価格でもっといいのがある」とアドバイスを受けますが、デザインはモチベーションに大きく影響するので、気に入ったデザインのロードバイクに乗るのは特に初心者において重要なファクターだと思います。

性能もお墨付きで、特にカーボンロードに定評があります。
筆者が試乗したOltre XRは衝撃的で、他のカーボンロードとは一味違う印象を受けました。
言葉で表現するのは難しいですが、アルミは段差などで振動が伝わるとほぼダイレクトにライダーに伝え、アルミがビビることで不快感も大きいです。
カーボンロードはカーボンの特性でそれを吸収しますが、Oltre XR4ではそれが更に改善されています。
おそらくBianchiの独自技術「カウンターヴェイル」による効果ですが、柔軟性による吸収ではなく、振動の不快感を取り除くマイルドな感覚はアルミはもちろんほかのカーボンロードとは一味違う印象を受けました。
ただ、残念ながらカウンターヴェイルはエントリーモデルには搭載されていません。

初心者向けCannondaleのおすすめのモデル

引用元: Bianchi|ROAD
Bianchiの定番アルミロードのひとつです。
乗りやすさこそそれなりですが、固めなのでレーシーな乗り心地とも言えます。
特筆すべきはコストパフォーマンスで、105(11速)搭載で税別¥158,000と格安です。
ちなみにSORA(9速)なら税別¥120,000、Claris(8速)なら税別¥110,000です。
スペックからすると105に見合ったフレームというよりは、Tiagra、SORAレベルのフレームに105を乗せた印象ですが、よく言えば剛性が高くガシガシ乗れるので、価格を加味すればこれと言った欠点も見当たりません。
もちろんチェレステカラーのラインナップもあるので、Bianchiのデザインに惚れ込んだ方の一台目としておすすめです。

http://www.japan.bianchi.com

FELT(フェルト)

モータースポーツから自転車へ

ドイツとアメリカに拠点を置くメーカーで、比較的若いメーカーです。
元々創立者のジム・フェルトはスズキやホンダ、ヤマハなどでフレームの設計に携わっていたモータースポーツの技術者で、自分が乗るトライアスロンバイクの設計を始めたのがFELTの始まりで、その後大手メーカーに技術協力し、現在のFELTを設立しました。
プロ競技では特にトライアスロン系に強いイメージですが、ロードバイクでも人気を得ています。

フレームの魔術師

スポーツ自転車のメーカーといえど、メインは自転車の骨格「フレーム」の製作がメインで、フレーム製作技術の良し悪しがメーカーの良し悪しを決めることになります。
創立者のジム・フェルトはオートバイの技術者からの転身で、このためいい意味で他のメーカーとは味付けが違い、さらにフェルト自身がトライアスロン競技を行っていたためトライアスロン方面からのフィードバックがロードバイクにも多く盛り込まれています。
新興メーカーなのは間違いありませんがその発展は驚異的で、ユーザーにも認められプロレースの場でも成績として残っていることから、その品質と方向性が間違っていないことの証明になっています。

ユーザーからの評判

FELTの評判でよく聞かれるのが「好みが分かれる」という声です。
FELTが好きじゃないというユーザーからも、質が悪い、出来が悪いと言うわけではなく、好みに合わないと言われるのが特徴でもあります。

FELTは先述したとおり、オートバイ、トライアスロンから技術や考え方をフィードバックしています。
二つに共通するのが、「ロードレースよりも巡航速度が速い」ということです。
よってファンライドからレースまで幅広いコンセプトを持つ他のメーカーと違い、基本はスピードに重きを置いています。
ジオメトリーもモデルによって違いますが、ロードバイクにおいても高速巡航向きのジオメトリーを採用していて、これが合わないと思うユーザーが多いのも事実です。
高速走行好みな管理人からするとFELTはしっくりくるので一番好みなメーカーでもありますが、高速走行向きのジオメトリーは高身長だと乗りにくく、フレームサイズ選びに難儀した経験もあります。

もうひとつ具体的なイメージとして、それぞれのモデルのコンセプト、重視している点がはっきりしていて、その点をうまくコマーシャルしているという点です。
商品別ページには、「技術流出大丈夫なの?」と心配になるほど事細かに盛り込んだ技術を解説し、コンセプトを伝えるためなら開発者自らが動画に出演し解説するほどです。
ここから得られる信頼性と熱意が、管理人がFELTを気に入って強く推薦する最大の理由でもあります。

初心者向けFELTのおすすめモデル

FR30(日本限定モデル)

引用元: FR30 日本限定モデル-Felt Bicycles 日本語公式サイト-
好きなメーカーなのでどれを選ぼうか少し迷いましたが、FELTらしさ、日本限定モデルということでこちら。
スピードを求める構成でFELTらしく、日本向けの設計で乗りやすさも上がっています。
難点と言えば、フレームサイズが小さくなるほどトップチューブ高がぐんぐん下がるので見た目が少し劣るということとでしょうか。
価格は105採用で税別¥178,000とまずます。
スピードより乗りやすさを求めるならVR40あたりがおすすめです。

https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/

1 2 3 4 5 6