最近良く見かけるようになってきましたが、ロードバイクとは具体的にどんなものなのでしょうか。
この記事では、ロードバイクの歴史から、エンデューロ、コンフォート、ヒルクライム、エアロ、シクロクロスといった種類、安いロードバイクを手に入れるための完成車やフレームセットでの購入方法まで徹底的にご紹介します。
これからロードバイクをはじめようと考えている方、ロードバイクについて深く知りたい方は要チェック!

スポンサードリンク

自転車の母?『ロードバイク』

ママチャリ、マウンテンバイク、クロスバイクなどなど、現在自転車にはさまざまな種類があるのはご存知ですよね。
中でも特殊な自転車として認識されているのはロードバイクではないでしょうか。
ぴったりしたウエアの独特なスタイルで、スポーティで洗練された自転車をビュンビュン乗り回す人を一度は見かけたことがあるでしょう。
日本ではあくまで趣味のひとつという認識かもしれませんが、実は世界的に見るともっと奥が深く、市場規模を見れば自転車の王様といっても過言ではありません。
しかも歴史を見れば、今ママチャリでも普通に採用されている部品の生みの親でもあるのがロードバイクということがわかります。
今回はそんなロードバイクのイロハをご紹介します!

そもそもロードバイクとは?

ロードバイクといえば、曲がりくねった独特なハンドル(ドロップハンドル)のついた細いタイヤの自転車をイメージしますよね。
実はドロップハンドルがついている自転車すべてがロードバイクというわけではなく、
『ロードレースの為に設計され進化を遂げた自転車』がロードバイクの定義です。
ロードレースとは、ツール・ド・フランスなど、公道を利用して長距離を自転車で走破するレースのことです。
なので、ドロップハンドルを装備している自転車を見て一般人が見て「どうみてもロードバイクだよね?」というものも、実はトライアスロン用バイクだったり、ピストバイクだったり、もしかするとドロップハンドルを付けたクロスバイクだったりします。
実際にはメーカーもここまで細かい区分はしておらず、トライアスロン用バイクを「ロードバイクのカテゴリーの中にあるもの」として考えている場合も多いので深く考えなくても大丈夫ですが、目的が変わると性能も変わるので注意しましょう。

スポンサードリンク

ロードバイクの歴史とは?

ロードバイクに限らず、自転車はすべて「何かを目的に洗練された形」で存在しています。
ママチャリにいたっても、見た目こそ洗練されていませんが実用性を高める為に洗練された設計で世に出されているのです。
ロードバイク、マウンテンバイクなどの競技用自転車においてはその競技に適した形を目指し、さらに言えばレース環境に応じてより細かな設計、乗り手にあわせた設計がされています。
ロードバイクの発祥も同じで、1900年ごろにロードレース用自転車として進化が始まりました。
当時は舗装路ではなく土の道を走るので、今でいう「シクロクロス」に似た環境でのレースでした。
その後、周回コースを走るトラックレースに対して、ロードレースではブレーキの着用が可能だったので、今でいう「コンポーネント(コンポ)」の開発もロードレースで活発化します。
いまでこそ当たり前ですが、ギアの切り替えが付いた自転車もロードレースに登場します。
しかし今のように手元で切り替えができたわけではなく、クランク(前のギア)と後輪の左右にギアが付いていて、切り替えたいときはいちいち降りて後輪やクランクをひっくり返してギアを変えていたそうです。大変ですね。
この大変さを補う為に、「クイックレリーズ」が開発されたといわれています。
タイムを競う競技ですから、それでもいかんということで「変速機」が生まれ、精度が向上したことでロードレースに採用されるようになります。
その先は素材や操作性を徐々に最適化し、現在の「ドロップハンドルにデュアルコントロールレバー」という組み合わせが一般化しています。

長くなってしまう上に情報源がソースによって変わるのでかなり省略しましたが、現在の自転車を構成するパーツがロードレースのために研究開発されました。
余談ですが、「空気入りタイヤ」や「ローラーブッシュドチェーン」は自転車が発祥で、ロードバイクが自転車の母なら自転車は産業の母ともいえるのかもしれませんね。

1 2 3