スポンサードリンク

現在のロードバイクとはどんな形?種類は?

現在でもロードバイクの進化はとどまるところを知りません。
毎年新しいモデルが発表され、フレームの素材や設計、ロードバイク用コンポーネントの刷新が続いています。
パーツ構成やギミック的な部分は確立されましたが、そこから
まずはロードバイクからさらに細かくカテゴライズされた種類の一部をおおまかにご紹介します。

オールラウンド(ノーマル)

引用元:2018 Giant Bicycle
レース志向のもっともベーシックな形で、かつ一般的な形のロードバイクを指します。
突出した性能こそないものの、のぼりでもくだりでも長距離でも高速走行でもバランスよく走れるよう設計されています。
ただし、エンデュランス、コンフォートと言った乗りやすさ重視のモデルが生まれたため、オールラウンド向けモデルにはスピードを重視した固めでクイックなコーナリングが出来るよう設計されているモデルが増えてきた印象を持ちます。
乗りやすさで言えばエンデュランス、コンフォート系モデルをおすすめしますが、純粋なロードバイクを体感したいのであれば初心者にもおすすめです。

ヒルクライム


引用元: 2018 Giant Bicycle
ヒルクライム用は山を登ることに重点を置いて設計されたロードバイクです。
自転車での登板においては重さの影響が大きいため、各部の軽量化を重視して設計されています。
またパワーロスを防ぐためにフレームを硬く設計し、漕いだ力を極力逃がさないこともポイントのひとつです。
このため衝撃吸収性が悪く、段差では衝撃を受けやすいので平地では無駄な疲労をためやすいといわれています。
完成車では前後のギアも軽めの設定になっているので、平地ではスピードを出しにくいデメリットもあります。

ロングライド(エンデューロ、エンデュランス)


引用元:2018 Giant Bicycle
ロングライド用はその名の通り、長距離走行に重点を置いて設計されたロードバイクです。
オールラウンドとの違いは、エンデューロは「耐久レース」を指すので、競技の特性上平地が多く、「連続した平地の長距離走行」を目的とされている点です。
このため搭乗者の体力を奪わない為に、衝撃吸収性などに重点を置いているモデルが中心です。
逆に坂上り下りするヒルクライムや、強い加速力を必要とするスプリントでは、衝撃吸収性によって漕ぐ力が分散してしまいスピードを出しにくく、安定性も下がってしまうため選ばれないジャンルの自転車です。
ただし乗りやすいというメリットはあるので、エンデューロレースを目指していない初心者にもおすすめできます。

エアロ


引用元:2018 Giant Bicycle
空力に重点を置いたロードバイクです。
フレームは空気抵抗を抑えるため平面的で、特に下りや平地での高速走行で性能を発揮します。
ホイールにも空力を重視したリムを採用されていることが多く、高価な上位グレードのモデルにはブレーキやステムなど構成パーツも空力を重視したものが採用されています。
かつてはその特性から重量が重くなり性能を生かせる場面が少ないといわれてきましたが、現在では軽量化が進み、重さが死活問題となるヒルクライムでもエアロロードを使用する参加者を見かけるようになりました。
ただし価格も高めで、横風に弱いなどクセもあるので初心者にはおすすめしません。

コンフォート


引用元: 2018 Giant Bicycle
コンフォートは乗りやすさを重視して設計されたロードバイクです。
基本的な構成はその他のロードバイクと同じですが、ロードバイクの特徴のひとつでもある前傾姿勢を少し弱めて、直進安定性を高めた設計になっています。
前傾姿勢は筋肉を使いやすくスピードを出しやすいためのもので、そのメリットを弱めているコンフォートモデルはレース向きではなく、主にタイムや距離など突き詰めない趣味乗りユーザー向けとなっています。
コンフォートモデルにも軽量化を意識したものもありますが、基本的には競技用よりも重く、スピードが出しにくいことも踏まえるとレースへの参加を目的としている場合には向きません。
価格も抑え目なモデルが多いので、フィットネスや通勤通学の足として使うことを前提としている方にもおすすめです。
一部、乗りやすさとともにスピードも求める「エンデューロ系ロードバイク」をコンフォートモデルと表記されている場合もあるので、初心者向けなのかレース向けなのかは価格帯で判断すると良いでしょう。

その他のロードバイク

ロードレース用じゃないからロードバイクではないという方もいますが、形が近いのでご紹介したいジャンルの自転車があります。
それがオフロード系のロードバイクです。
詳細は割愛しますが、昨今趣味乗りでも注目度が高いのでご紹介します。

シクロクロス

シクロクロスはレースの名前で、山あり谷あり水溜りあり段差ありのオフロード周回コースを走ることを目的としたレース用モデルです。

グラベルロード

グラベルロードは砂利道(グラベル)向けのロードバイクで、ロードバイクにマウンテンバイクのテイストを盛り込んだモデルを指します。
アドベンチャーロードとも呼ばれます。

ロードバイクのフレーム素材とは?

ロードバイクの価格と性能を決める大きな要素として、フレームの素材が上げられます。
フレームの素材を把握しておけば、ロードバイクのおおよその性能や価値がわかるので、これから購入しようとしている方はある程度把握しておくようにしましょう。

カーボン

カーボンはフレームに限らずロードバイクの素材の中心として使われている素材です。
炭素繊維のシートを樹脂で固めたもので、軽さと強度を両立しています。
また素材の特性から柔軟性も出しやすいため、ロードバイクの素材としてはもってこいです。
ただし価格が高く、中級グレード(ミドルグレード)以上のフレームにしか採用されていません。
また衝突などの衝撃やキズに弱く、転んで地面にぶつけたりすると割れたり、こすってキズができると水を吸って強度を失うことがあります。
操作に不慣れな場合こういった事故の可能性が上がるので、初心者は注意が必要な素材です。

アルミ(アロイ)

アルミ(アルミ合金、アロイ)は、カーボンの台頭によって数を減らしていますが、まだまだ現役の素材です。
カーボンに比べると素材が安く加工が容易で、コストがかからないため安いのが最大のメリットです。
素材自体はカーボンよりも重いですが、素材選びや加工法によってカーボンに引けをとらない軽さを実現したモデルもあります。(cannondale CAADなど)
クロモリのようにサビる心配も無く、カーボンのように衝突やキズで破断するリスクも少ないので、アルミロードは初心者にもおすすめです。(注:まったく破断しないわけではない)

クロモリ

クロモリは鉄、クロム、モリブデンから作られる合金の通称で、古くから自転車に使われている素材です。
鉄を主体にしていることによる重さがデメリットとなり、現在は競技用ではほとんど使われていない素材ですが、柔軟性の有る独特な乗り心地と、他の素材に比べてクラシックなデザインが多いことからコアなファンも多いです。
クロモリのメリットはなんといっても耐久性で、「クロモリフレームは一生物」とも言われ、孫まで3世代にわたって引き継がれたクロモリロードも存在します。
また専門の工場に持ち込めば修理や再塗装も可能で、長く付き合える自転車を探している方におすすめです。
サビに弱いという特性はありますが、塗装に気をつければ重大な問題になる心配も少ないといえます。
価格はカーボンよりは安く、アルミよりは少し高いモデルが多くなっています。

1 2 3